人は生きるのに衣・食・住を基本としています。そこに「美容」は入らないが故、美しくなることを後回しにしてしまう女性が多くいます。ここではそんな女性たちのために、お金のかからない美容法をご紹介します。

ビンボー女子と美容に気を遣う女子

光脱毛を受けている期間には納豆も食べて美容を促進

光脱毛の施術期間は、毛周期に合わせて行うことになりますから、食事で皮膚のケアも同時に行う必要があります。栄養が豊富な食材を選べば、皮膚の新陳代謝も盛んになり、美容も同時に促進していきます。数ある食材の中でも、大豆が原料の納豆は特におすすめなものですから、積極的に利用していけば理想的です。

大豆には最初からタンパク質が豊富に含まれていますが、納豆菌によって発酵することで、吸収されやすいアミノ酸へと変化していきます。皮膚の健康のためには、良質なタンパク質が絶対に欠かせないですから、納豆を常食とすることは理にかなっています。独特な粘り気の中にも、有効な栄養素がたっぷりと詰まっているものですから、全てを余すことなく吸収していくことが大切です。

夏場に光脱毛を受ける場合には、納豆を食べてスタミナを付ければ、気持ちの面でも違ってきます。納豆には美容に有益なビタミンB群も非常に多く含まれるために、お肌を美しくするためにも役立ってくれます。豆腐と一緒に合わせて、味噌汁の具材として食べれば、他のビタミンやミネラルも効率よく吸収できます。

納豆に豊富なカルシウムやビタミンKには、骨を丈夫にする働きがあり、脱毛中の体力を強化するためにも必要です。筋骨を丈夫にして、胃腸の働きも整える納豆は、日本の健康食品の代表でもあります。強烈な太陽光を浴びる時期に食べて、身体の免疫力を高めれば、病気にも強い健康体を作ることも可能です。

冬場の美容を促進するために、納豆を様々な料理で使うようにすれば、結果的には一年を通して美容が促進します。太陽光が弱まって陰が強まる冬には、鍋料理の素材として使って食べれば、寒さや乾燥にも強くなります。