人は生きるのに衣・食・住を基本としています。そこに「美容」は入らないが故、美しくなることを後回しにしてしまう女性が多くいます。ここではそんな女性たちのために、お金のかからない美容法をご紹介します。

ビンボー女子と美容に気を遣う女子

残り物で作れるおいしい美容のための食事

食事を摂るときに一番心掛けたいのは、栄養バランスです。美容や健康のためには様々な栄養を毎日コツコツ摂取することが不可欠でり、意識することが大切です。しかしそれは決して難しいことではなく、冷蔵庫にある残り物で十分に美味しい美容のための食事を作ることができます。例えば、お浸しにして少し余っている小松菜と、豚肉の少量だけを使い、醤油とみりんで炒めるだけで簡単なおかずが作れます。小松菜と豚肉には両方にたっぷりのビタミンBが含まれており、にきびや吹き出物などの肌荒れに効果が期待できるのです。同じようにして余っているほうれん草なども、お味噌汁に入れるだけで済む簡単な調理で手軽にビタミンBを摂取することができるのです。ビタミンBにはアンチエイジングにはぴったりの栄養素で、若返り効果が期待でき、ごま油などにも入っています。ごま油は風味を出すためにサラダにかけるだけで良い簡単な方法で、気がついたときに実践してみると良いでしょう。大豆製品である納豆や豆腐などは、価格も安いため一般家庭にはよくある食材ですが、これらにはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに大変よく似た成分が豊富に含まれているため、女性の美肌維持や髪のツヤ効果、月経不順の改善など健康にも嬉しい効果があり、そのままでも食べられるので調理いらずで簡単です。献立に何かもう一品加えたいときに、冷蔵庫の中をさがしてみましょう。このように、野菜や大豆、お肉など様々な食材には美容につながる栄養が豊富に含まれているため、冷蔵庫にある残り物や昨日作った料理のリメイクなどでも、一日のうちで必要な栄養素を偏りなくしっかり摂取できる可能性を秘めているのです。日々の食事を意識して、美容に良い献立を目指しましょう。